CLOVER

NEWS
ニュース

2019.03.15
KNOWLEDGE

結婚式の両親の服装は?選び方はトータルバランスがカギ!

主役は新郎新婦様であるものの、新郎新婦様の親御様も挙式でのベールダウン、エスコート、披露宴での挨拶
などでゲストから注目を受けることが多い結婚式。主催者側の立場ということもあるので、お迎えするゲスト
への気持ちを表現できる、結婚式の場にふさわしい服装を選びたいですね。
では「ふさわしい服装」とはいったいどんな服装でしょうか?

ご両親様の服装も、新郎新婦の衣裳の格に準ずるものがマナー


新郎新婦様の結婚式の衣裳といえば、洋装であればタキシード×ウェディングドレス、和装であれば紋付袴×白無垢をイメージされる方が多いのではないでしょうか?
これはいずれも新郎新婦様の正礼装にあたります。そのため、親御様も正礼装に準ずる装いがマナーとされています。その場合、お父様はモーニング(夜の結婚式であればタキシード)・紋付袴、お母様は留袖・ロングドレスが正礼装とされています。

なぜモーニングと留袖?ご両親様が洋装×和装となる謎を解説


結婚式での親御様の装いは、お父様がモーニング、お母様が黒留袖を選ばれる方が大多数。
日常着においても和装から洋装への変化は、女性よりも外国と接する機会の多かった男性(政府関係者)が先だったといわれています。また、女性の正礼装であるロングドレスを着ることに抵抗がある方が多い。ということから、親御様の装いが洋装×和装になることが多いのでは。と言われています。

結婚式の服装はご両家のバランスも大事!ご両親様にも「格」の意識を


結婚式では家族の集合写真を撮ることも多いため、両家の装いがバラバラだとアンバランスに見えてしまったり、衣裳によっては格式が異なるため、見る人によっては両家に格差があるように見えてしまう可能性があります。
そのため、親御様の衣裳は、事前に両家で合わせおく方が安心できますね。ちなみに、黒留袖と色留袖は同じ留袖なため、同格の正礼装とされています。

「THE STYLE」では親御様のタキシード・留袖のレンタルサポートも行っております。
結婚式当日の着付け・ヘアメイクもご親族様・ゲストの方も含め会場で承っておりますので、
お気軽にご相談ください。
このほか、岡山の結婚式場「THE STYLE」では結婚式にまつわる様々な疑問にお答えいたします。