インフォメーション&ブログ

結婚式準備

「結納」は必要?現在の「結納・顔合わせ」はこれが主流!

2019.01.06

こんにちは。プランナーの石野です。
結婚式より前にする婚約の儀式といえば「結納」
結婚をする両家が顔を合わせる特別な機会です。

そんな「結納」ですが、最近では「顔合わせ食事会」というスタイルが主流になってきているよう。
気になる今どきの「結納・顔合わせ」事情をご紹介!

「結納」の必要性は変化!「略式結納」が主流に

「結納」は必要?現在の「結納・顔合わせ」はこれが主流! かつては仲人が両家を行き来し、結納品のやりとりをしていました(正式結納)が、近年結納をされる方は両家が一同に集まっての結納(略式結納)をする方がほどんどです。最近では、仲人が両家の間を取り持ちお見合いをするよりも、自分たちで出会い・結婚するケースの方が増え、仲人となる人がいない。また、住宅事情に合わせ、結納品もコンパクトになりつつあるのも略式結納が増えている理由かもしれません。

結納よりも料亭・レストランでの「顔合わせ食事会」

「結納」は必要?現在の「結納・顔合わせ」はこれが主流! 顔合わせ食事会は、両家が集まり食事をしながら親睦を深めます。結納と同じく、本人と両家の親で行うのが一般的です。形式ばっておらず、自由度も高いため、堅苦しい空気が苦手な人にオススメ。現代では実に8割近い方がこの顔合わせ食事会を選んでいます。また、結納のように“結納金や結納品”の取り交わしをしないことも多く、費用が抑えられる点も人気のひとつのようです。

現在の結納スタイルはさまざま!必要性も家族で話し合おう

「結納」は必要?現在の「結納・顔合わせ」はこれが主流! 開催時期はいずれも挙式の5~7ヵ月前の吉日が一般的です。どの儀式を選ぶにしても、「結納・顔合わせ」はふたりが婚約したことを両家で確認する大切な儀式です。それぞれの特徴やメリットを理解し、両家の意向が一致することが大切です。そのため、結納は必ずしなくてはいけないもの。というわけではなく、結納をする・しない。また、開催するのであればどんな形式で行うのかは、本人と両家の判断に任せられています。

最近では「顔合わせ食事会」が主流になってはいますが、本人・両家の意見が一致したもので執り行うのがベター。
かつては一般的だった「正式結納」ですが、時代に沿って結婚式も結納スタイルも変化していきます。

このほか、岡山の結婚式場「THE STYLE」では結婚式にまつわる様々な疑問にお答えいたします。
お気軽にご相談ください!

「結納」は必要?現在の「結納・顔合わせ」はこれが主流!

STAFF
ブライダル チーフ プランナー 石野 梨沙

「人生で一番幸せな瞬間に立ち会える仕事」 そんな自分まで幸せになれる仕事に魅力を感じプランナーをしています。 新郎新婦の迷いや不安を出来る限り解消し、 安心して婚礼準備を整えていくためのサポートを心がけています。

お得な特典が満載のブライダルフェアをチェック!

関連記事

2020.01.05

結婚式を少人数で!少人数ならではのメリットや費用の相場は?

こんにちは!岡山の結婚式場「THE STYLE」です。 以前はゲストを存分にもてなすための凝った演出をたくさん設けた披露宴が主流でしたが近年、少人数結婚式を選択するカップルも増えてきました。 アットホームでゲストと新郎新婦の距離がグッと近く、その場にいる皆さんが一緒に泣いて笑って、幸せを...

2019.12.06

結婚式のブーケの種類は?人気のデザインや最近のトレンドも!

結婚式で、花嫁のウェディングドレス姿をいっそうステキに彩るウェディングブーケ。 ウェディングブーケに使われている花の種類は本当にさまざま! ウェディングブーケでよく使われる形や花の種類、ドレスとのコーディネートなどをご紹介します。

2019.11.06

婚姻届の書き方は?押さえるべきポイントや注意点

法律的に夫婦になるために必要なステップが婚姻届の提出。 2人で決めた結婚記念日にきちんと提出・受理してもらうためにも、事前に書き方や必要な準備を確認しておきましょう! 今回は婚姻届の書き方についてのお話です。 事前に必要となる準備や確認点、婚姻届の具体的な記入方法、提出時に注意し...

Wedding Lab

ブログ

最新記事