CLOVER

NEWS
ニュース

KNOWLEDGE

顔合わせに兄弟・姉妹は呼ぶもの?呼ぶ場合の注意点やマナーもチェック

こんにちは! 全国にウエディングステージを展開する「スタイルズ」です。

 

結婚が決まり両親への挨拶を済ませたら、いよいよ両家顔合わせの食事会があります。

結婚へ向けて一歩踏み出すうえで、大切なイベントの1つです。

 

両家顔合わせの食事会に兄弟・姉妹を呼んでも良いのか、それとも両親だけを呼ぶべきなのか、悩むところですよね。

 

今回は両家顔合わせの食事会に兄弟・姉妹に参加してもらうメリットや、注意点などをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

結婚の顔合わせに兄弟・姉妹は呼ぶもの?

顔合わせの食事会は、これから親族となる両家が親睦を深める会です。

 

食事をしながらお互いの家族がどのような家族かそれぞれ紹介し、お互いの家について知ってもらうことができる場です。

 

結納のように形式的なものではないので、厳格なルールやマナーなどはありませんが、一般的には、新郎・新婦とその両親が参加するもので、兄弟・姉妹が同席することは少ないでしょう。

 

ですが、実際には兄弟・姉妹や祖父母を招くこともあります。

 

お互いの両親の年代や、地域の習慣によって考え方の違いもあるため、両家で相談をして話をすり合わせておきましょう。

 

一方の家族だけが兄弟・姉妹や祖父母を招くということにならないよう両家で取り決めをし、同席者を揃えることが大切です。

スタイルズは全国に
ウエディングステージを展開しています

 

 

顔合わせに兄弟・姉妹を呼ぶメリットとは

顔合わせの食事会は、新郎・新婦はもちろんのこと、お互いの両親も緊張してしまいますよね。

 

そんな時に、兄弟・姉妹がいると話しやすくなったり、場が盛り上げやすくなったりという点が大きなメリットといえます。

 

詳しくお話ししていきましょう。

 

会話が弾みやすい

兄弟・姉妹が同席している方が緊張が取れて会話が弾みやすくなることも多いようです。

 

初めて顔合わせをするわけですから、緊張するのは当たり前ですよね。

 

しかし兄弟・姉妹がいれば、人数が多い分会話も繋がりやすくなるので、話題が途切れることなく、にぎやかで楽しい時間を過ごすことができます。

 

兄弟・姉妹がいてくれることによって、両家のコミュニケーションがとりやすくなるのはメリットでしょう。

 

お互いの家族をより深く知り、親睦を深めることができる

顔合わせの食事会で、両親同士だけではなく、兄弟・姉妹の親睦が深まることで、より両家の結びつきも深まるでしょう。

 

結婚したら、お正月やお盆に帰省した際などに、兄弟・姉妹と顔を合わせることもありますから、食事会を通して仲良くなっておけば結婚生活もより楽しくなりますよね。

 

今まで聞いたことがないような面白いエピソードや、小さい頃の話など、親の知らない兄弟・姉妹ならではの楽しい話も聞けたり、さらに深くお互いや家族のことを知れる機会にもなります。

 

 

顔合わせに兄弟・姉妹を呼ぶ場合に気をつけたいポイントとは

それでは顔合わせの食事会に兄弟・姉妹を招いた場合に、気を付けるべきポイントやマナーについてもご紹介します。

 

両親だけの時よりも日程や場所の調整が難しい

兄弟・姉妹が同席するということは、全員の日程を合わせなければなりません。

 

遠くに住んでいたり、お仕事の休みが不定期だったりすると、両親だけなら日程が決めや

すくても、兄弟・姉妹が増えることによってスケジュール調整が難しく、なかなか日程が決まらないということもあります。

 

また、兄弟・姉妹が同席となると、ある程度広い席が必要となりますので、早い段階で予約しておく必要があります。

 

かかる費用が多くなる

人数が増える分だけ食事会にかかる費用が増えてしまいます。

遠方から参加する親族がいる場合には、宿泊費や交通費などの配慮も必要でしょう。

 

服装を揃えてもらう

兄弟・姉妹だけ服装が浮いてしまうということがないように、両親の服装に合わせた服装にしてもらいましょう。

和装や洋装どちらで統一するのかも、事前に話し合っておくと安心です。

 

席順に配慮する

顔合わせの食事会に厳格なルールはないのですが、一般的には両家の父親が上座になり、その隣が母親となります。

 

新郎・新婦は下座に座り、その兄弟・姉妹は母親と新郎・新婦の間に座るようにしましょう。

 

ただ、特別なルールはありませんので、話し合いの結果、両家がそれで良いと思う座り方でも問題ないでしょう。

 

 

顔合わせに兄弟・姉妹を招く場合にはしっかり打ち合わせを

顔合わせの食事会に、厳格なルールはないので、兄弟・姉妹を招待しても問題はありません。

 

日程の調整が難しい点や、費用がかさむなどの注意点はありますが、兄弟・姉妹が同席していた方が会話が弾み、和やかで良い雰囲気の食事会になりやすいなどメリットの方がたくさんあります。

 

兄弟・姉妹を招待する場合は、人数が多くなるため早めの日程調整、会場確保がおすすめです。

 

どのような服装にするか、席順はどうするのかなどの打ち合わせもしておきましょう。

 

楽しく和やかな時間を皆さんで過ごせると良いですね。

スタイルズは全国に
ウエディングステージを展開しています