CLOVER

NEWS
ニュース

KNOWLEDGE

結婚式のスナップ写真で後悔しないために!撮っておくべきショットは?

こんにちは! 全国にウェディングステージを展開する「スタイルズ」です。

 

結婚式のステキな時間は、スナップ写真にたくさんおさめてずっと眺めていたいもの。

しかし「残したかった瞬間が写ってなかった」「イメージと違う仕上がりだった」といった後悔をしているカップルもいるんです!

 

そこで今回は、結婚式のスナップ写真で後悔しないためのコツをご紹介。

結婚式の流れに沿って、後悔しやすいポイントや押さえておくべきおすすめショット、素敵なスナップ写真にするための対策などをお伝えします。

 

 

結婚式のスナップ写真で後悔しやすいのはこんなところ!

結婚式ではシャッターチャンスがたくさんありますが、スナップ写真を撮るたびに新郎新婦が写真を確認するわけにはいきませんよね。

結婚式の最中に「こんなところを撮って」と指示をすることも難しいです。

結婚式が終わってスナップ写真を見てから「撮ってほしかった写真が残っていない……」という後悔をしてしまうケースもあるようです。

 

結婚式のスナップ写真では、こんな点に後悔したという話をよく聞きます。

  • ゲストの表情をもっと残してほしかった
  • ドレスや髪型をアップで撮影してほしかった
  • こだわった手作りアイテムや会場装飾を撮影してほしかった
  • 親と一緒の写真がほしかった

 

結婚式の主役は新郎新婦。

2人の素敵な笑顔を写真に残すことは重要ですが、そのために優先順位が低そうな内容については後回しになってしまうかもしれません。

カメラマンが1名で、同時に複数個所の撮影ができないなら、どうしても新郎新婦の写真が中心になってしまう可能性もあります。

スタイルズは全国に
ウエディングステージを展開しています

 

【シーン別】スナップ写真でよくある後悔とおすすめショット

結婚式の流れに沿って、シーン別によくある後悔と、ぜひ撮影してほしいおすすめショットをご紹介します。

 

準備、ドレスアップ編

ドレスアップやヘアメイク中の新婦の様子は、最初のシャッターチャンス!

髪型やドレスのディティール、小物など細かい部分の写真が意外となくて残したかったという声も聞きます。

挙式や披露宴中は動いているので、じっくり撮れるこの時間に撮影しておきましょう。

まるでモデルさんのようにメイクアップしていく様子を写真におさめるのも素敵です。

 

ドレスアップが済んだ直後は、両親と水入らずの写真を撮る絶好の機会でもあります。

挙式が始まる前の緊張感と、準備が整いリラックスした姿を写真におさめることができるベストタイミングです。

自然体の笑顔の写真を撮影できること間違いなし!

 

【こんなショットをぜひ撮影】

  • リップを塗るアップシーン
  • ドレスやヘアのアップ
  • ドレスやベールのバックスタイル
  • イヤリングなどのアクセサリーをつけているシーン
  • アクセサリーやシューズ、ブーケのアップ
  • 新郎新婦のファーストミート
  • ブライズメイドと一緒のショット

バックデザインが素敵なドレスやロングベールなど、バックスタイルも忘れずに写真に残してくださいね。

 

挙式編

厳かな雰囲気漂う挙式は、ぜひたくさん写真に残したい時間です。

挙式の撮影では、新郎新婦を追うあまりゲストの写真が少なかった、アップの写真が多く、全体の写真が少なかったといった後悔をしがち。

短い時間だからこそ、どのような位置からどんなショットを撮影してほしいのかをカメラマンへ事前に伝えておくと良いでしょう。

 

【こんなショットをぜひ撮影】

  • 挙式のリハーサル中の写真
  • 母親による新婦のベールアップ
  • バージンロード入場
  • リングの交換
  • フラワーシャワー
  • ブーケトスやバルーンリリース

フラワーシャワーの瞬間は、ゲストの笑顔の中に花びらが華やかに舞い上がる、とても豪華でロマンチックなシャッターチャンスです♡

ぜひ、たくさんの笑顔も一緒に撮影してもらいたいものですね。

 

披露宴編

披露宴では、広い会場の中カメラマンが1人だとなかなか全体を撮り切れなかったという後悔が見られます。

新郎新婦の姿も撮影したいけれど、それを笑顔で見つめるご両親やゲストの表情もぜひ残しておきたいもの。

また、会場装飾や手作りのウエルカムボード、ペーパーアイテムなど、結婚式によってこだわりポイントも変わってきます。

 

【こんなショットをぜひ撮影】

  • こだわりの会場装飾や手作りアイテム
  • 歓談や余興を楽しむリラックスしたゲストの表情
  • 友人スピーチを聞く新郎新婦の表情
  • 新郎新婦のあいさつを見守る両親の表情
  • 会場スタッフとの写真
  • 新郎新婦の両親と一緒の写真

「会場全体をバックに笑顔で乾杯する新郎新婦」の写真は定番です。

そのほかにも、披露宴の雰囲気が伝わるような笑顔の写真をたくさん撮影してもらいたいですね。

会場全体を入れた引きのアングル、雰囲気を切り取ったアップのアングルなどバラエティ豊かに残しておきましょう。

 

 

結婚式のスナップ写真で後悔しないために!

 

結婚式で素敵な瞬間はたくさんあるけれど、シャッターチャンスは一度きり。

イメージ通りの素敵な写真を残すための対策をご紹介します。

 

シャッターチャンスでの動作はゆっくりと

ブーケダウンや指輪の交換、ケーキ入刀、ファーストバイトといったシャッターチャンスの演出時には、できるだけゆっくり動作することを心がけましょう。

ブレを防いでより素敵な写真に。

緊張していると動作が早くなってしまいがちなので、覚えておいてくださいね。

 

リクエストシートを事前に提出

「こんな写真を撮ってほしい」「このショットはかならず押さえて欲しい」といった要望を事前にまとめて、カメラマンへ渡しておきましょう。

遠慮せずにはっきり伝えることで、悔いのない写真が残せます。

プロのカメラマンですから「こうするともっと素敵ですよ」「それは難しいけどこうならできますよ」なんて提案もしてくれるかも。

直前ではなく、1週間前までに渡せると良いでしょう。

担当のプランナーさんにぜひ相談してみてください。

 

会場のカメラマンに依頼する、場合によっては2人体制もあり

会場の構造やライティングを熟知した専属のカメラマンに依頼するのが一番確実です!

シーンによってライティングが変わっても、しっかり対応してくれるでしょう。

 

また、複数アングルの撮影は1人では撮りきれないケースもあります。

会場の広さや希望の撮影内容によっては、カメラマンを2名体制でお願いすることも検討してみましょう。

1人は新郎新婦を中心に、もう1人は会場全体やゲストを撮影するなど、役割分担をしてバラエティに富んだ写真を撮影できます。

こちらも担当のプランナーさんに相談してみてください。

 

 

結婚式のスナップ写真で後悔しない! 素敵なショットを残そう

結婚式ではシャッターチャンスはたくさんあっても、本番はたった1度きり。

「あの瞬間も残したかった……」と、スナップ写真で後悔してしまうのはもったいないですよね。

新郎新婦の素敵な姿はもちろん、こだわって準備した会場装飾や喜ぶゲストの写真もしっかりと撮影しておきたいものです。

 

結婚式のシーンをイメージしながら、写真で残したい瞬間をまとめ、事前にカメラマンに伝えておくのも良い方法です。

ぜひ担当のプランナーさんへ相談してみてくださいね。

スタイルズは全国に
ウエディングステージを展開しています