CLOVER

NEWS
ニュース

2018.08.15
KNOWLEDGE

【新郎必見】結婚式の手紙は新婦だけじゃない!感謝を素直に伝えよう

こんにちは、サポートデスクの藤田です。
学生時代の友人、職場の上司・同僚、親族と、おふたりが今までお世話になった方々をお招きする
≪結婚式≫という場は、おふたりの≪感謝≫の気持ちを伝えるのにピッタリ!と思われる方も多いですよね。
では実際≪感謝≫ってどうやって伝えればいいの?
今回は男性から感謝を伝える≪新郎からの手紙≫を一例にご紹介します!

結婚式ではなぜ新婦しか手紙を読まないの?


披露宴のクライマックスに新婦がご両親に読む手紙。
なぜ、新婦だけが手紙を読むのでしょうか?これについては明確な始まりはわかっていませんが、昔は、新婦は自分の「家」を出て相手方の「家」に入る。という結婚観から「別れの挨拶」をするためだったのでは?と言われています。ですので、披露宴で読まれる手紙は新婦からのみだったんですね。今では結婚観も変わり、「感謝を伝える手紙」として新郎が手紙を読むことも少しづつ増えてきています!

新郎もお手紙を!結婚式で読むタイミングは?


ではいざ新郎が手紙を読もう!と思ったとき、どのタイミングがいいのでしょうか?
どのタイミングが正解!ということはありませんが、手紙を送る相手によって変えてはいかがでしょうか?新婦へのサプライズなら披露宴中に。新郎の手紙と新婦の手紙を続けて一緒に。など。ご両親へ向けた手紙では、≪新郎謝辞≫の中に≪新郎からの手紙≫を織り交ぜる方が多いそうです。その場合、披露宴の流れを変更する必要もありませんね。

結婚式だからこそ新郎も両親へ感謝の気持ちを伝えたい!


普段、ご両親へ向けてお手紙を読むことはなかなかないので、いざ思いを伝えるとなるとなんだが気恥ずかしくなってしまうかもしれません。だけど、結婚式という特別な機会だからこそ、今まで伝えられなかった「ありがとう」の気持ちを伝えてみませんか?
思わぬお手紙にご両親もホロリとしてしまうかも。また、大切な息子からの手書きの手紙が残るのも嬉しい宝物になりますね。

≪ 感謝≫ の気持ちを伝えたいのは新郎も新婦も同じ!
今まで伝えられていなかった素直な気持ちを伝えてみませんか?

スタイルズは全国に
ウエディングステージを展開しています