CLOVER

NEWS
ニュース

KNOWLEDGE

結婚式のタキシード、選び方のポイントは?体型別におすすめも紹介

こんにちは! 全国にウエディングステージを展開する「スタイルズ」です。

 

結婚式で新郎が着用する「タキシード」には種類があることはご存知でしょうか?

実はタキシードと一言で言っても、フォーマルさや着用する時間帯によっても違いがあるんです!

 

今回は結婚式で新郎が着用するタキシードの選び方についてご紹介。

タキシードの種類や特徴をはじめ、会場や新婦とのコーディネート、新郎の体型に合わせてタキシードを選ぶポイントなどをご紹介します。

 

 

結婚式における新郎のタキシードには種類がある

日本では、結婚式で新郎が着用する洋装のフォーマルウェアを総じて「タキシード」と呼んでいます。

しかし正確には、フォーマルさや着用の時間帯別に4つの種類があり、正式な「タキシード」と呼ばれるものの他に「モーニングコート」「テールコート」「フロックコート」と呼ばれるデザインもあります。

 

タキシード

夕方から夜の時間に着用する礼装です。

 

タキシードを着る際は、フォーマルな白いウィングカラーシャツが相応しいとされています。

黒の蝶ネクタイ、ウエストにカマーバンドを巻くかベストを着用し、ジャケットを着るのが基本スタイル。

 

ジャケットの襟のデザインは、華やかで正装の雰囲気が漂うピークドラペルと、丸くエレガントなショールカラーの2種類があります。

 

近年の結婚式では時間帯を問わず着用されるようになり、新郎の衣装として一番人気なのがこのタキシード。

かっちりフォーマルからおしゃれなもの、ややカジュアルなものまで、デザインやカラーも豊富です。

 

モーニングコート

昼間の時間帯に着用する最もフォーマルな装いです。

ジャケットの後ろが長く、前裾から後ろ裾に向かって斜めに丸くカットされているのが特徴です。

 

結婚式では新郎新婦の父親が着用されている姿を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

 

モーニングコートは昼間の時間帯の正礼装なので、もちろん新郎が着用してOKです。

一般的には黒のジャケット・ベスト・縦縞が入ったスラックスと合わせますが、結婚式で新郎が着用する場合は、グレーのベストを合わせることもあります。

 

テールコート

テールコートは夜の時間帯に着用する、最もフォーマルな装いです。

 

ジャケットの前丈が短く、長く伸びた後裾がツバメの尾のように切れ込みが入っていることから、日本語では「燕尾服(えんびふく)」とも呼ばれます。

 

テールコートを着用する場合は、白の蝶ネクタイを合わせるのが一般的です。

 

フロックコート

フロックコートは昼間の時間帯に着用する装いで、モーニングコートの原型ともなった伝統的な礼装です。

膝まである長いジャケットが特徴で、クラシカルな正統派ウエディングによく似合います。

 

昔は昼の礼装として主流の装いでしたが、モーニングコートの登場以降は着用の機会が減っているようです。

スタイルズは全国に
ウエディングステージを展開しています

 

 

結婚式のタキシード、選び方のポイントは?

結婚式で新郎のタキシードを選ぶときは、結婚式のスタイルや雰囲気、新婦のドレスとのバランスなどと合わせて選んでみてはいかがでしょうか?

 

結婚式のスタイルに合わせたタキシード選び

新郎の衣装も含めて、結婚式のスタイルをコーディネートしましょう。

 

格式高いホテルやチャペルなど正統派ウエディングでは

クラシカルな正統派ウエディングには、フォーマルな装いがベストマッチ。

正礼装で格式の高いテールコートやフロックコートはいかがでしょうか。

カラーは礼装の定番であるブラックはもちろん、スタイリッシュなシルバーグレーなども人気です。

 

おしゃれなガーデンウエディングでは

リラックスしたムードが漂うガーデンウエディングでは、好みのデザインやカラーを選びやすいタキシードがおすすめ。

ガーデンウェディングの雰囲気やテーマ、ロケーションにあわせて選んでみましょう。

おしゃれなデザインのタキシードで、結婚式をさらにランクアップしてみませんか?

 

カジュアルなリゾートウエディングでは

青い空やきれいな海に映える、明るい色のタキシードはいかがでしょう。

ちょっぴりカジュアルなスタイリングも、リゾート感をさらに盛り上げてくれます。

 

新婦のドレスに合わせたタキシード選び

新婦のドレスとのバランスを考えた選び方もあります。

記念写真がさらに素敵になりますよ♪

 

クラシカルなドレスには

新婦がクラシカルなデザインやロングトレーンを着用しているなら、新郎の衣装も正統派の装いがベスト。

ブラックで格調高いテールコートなら、バランスもばっちりです。

 

ゴージャスなドレスには

新婦の華やかさに負けないよう、新郎の衣装も飛び切り華やかなデザインやカラーを着用してみては。

シルバーやシャンパンゴールドなど、光沢があって明るいカラーのタキシードが華やかでおすすめです。

 

かわいらしいドレスには

かわいらしいイメージのドレスには、明るいカラーのフロックコートが素敵。

華やかさと大人っぽさを同時に演出できます。

 

 

体型別におすすめのタキシードをご紹介

 

体型に合わせて似合うデザインのタキシードを選べば、新郎の魅力もさらに倍増!

新婦も惚れなおすこと間違いなしです。

 

背が低いタイプ

背が低い新郎の場合は「ジャケットに着られている感」が出ないよう、長すぎないジャケットタイプのタキシードを選びましょう。

 

前丈が短いテールコートは背を高く見せる効果があり、おすすめです。

モーニングコートやタキシードを着たいなら、前丈が短いデザインを探してみましょう。

 

蝶ネクタイのカラーを変えたり、襟にデザインがあるものを選んだりすると、視線を上に集めるので背が高く見えます。

 

低身長でやせ型の小柄なタイプの方は、ブラックやネイビーといった締め色の3カラーは避けた方が無難です。

小柄な体型をさらに強調してしまいますので、白やアイボリーなどの膨張色を選んでみましょう。

 

ぽっちゃり体型の方はパンツをストライプにして縦ラインを強調。

短めのパンツ丈、長めのジャケット丈は重心を下げてしまうので、選ばないほうが無難でしょう。

 

背が高いタイプ

背が高い方は、背の低い方が苦手とするロングジャケットのフロックコートもスマートに着こなせるでしょう。

どんなタイプのタキシードも比較的似合うので、ぜひシルエットにこだわってみて。

 

やせ型の方がぴったりフィットしたタキシードを着用すると、細さが強調されて貧相な印象になってしまいますので、少しゆとりのあるシルエットを選びましょう。

 

ぽっちゃりタイプや大柄タイプは、ネクタイやベストにジャケットよりも濃い色を持ってくると、体の中心が強調されて引き締まったイメージになりますよ。

 

がっちり肩タイプ

ラガーマンのようにがっちりした肩幅は素敵ですが、よりスマートな印象を演出したいなら上半身のデザインに注意を。

 

襟幅が狭いショールカラーとレギュラータイの組み合わせで縦のラインを強調させましょう。

前丈が短いテールコートは避けた方が無難です。

 

なで肩タイプ

逆になで肩タイプの方は、襟幅の広いデザインを選んで肩回りにボリュームを出すと好バランスに。

ショールカラーよりも、ピークドラペルやデザインの入ったパイピングラペルなどがおすすめです。

 

 

結婚式のタキシードの選び方を知って、似合う一着を見つけよう

結婚式で新郎が着る衣装は、日本では「タキシード」と総称することが多いですが、実はフォーマルさや時間帯別に種類があります。

 

本来の「タキシード」は夜間の正装ですが、最近は時間帯に関わらず着用されています。

デザインやカラーも豊富なので、新郎の衣装では一番人気です。

 

タキシードの選び方は、結婚式のスタイルや会場、新婦のドレスとのバランスを考えながら選ぶといった方法があります。

新郎の体型によっても似合うデザインが変わりますよ。

お似合いの一着を見つけて、素敵なウエディングを実現しましょう!

 

スタイルズは全国に
ウエディングステージを展開しています