CLOVER

NEWS
ニュース

KNOWLEDGE

結婚挨拶の服装は女性・男性でどう選ぶべき?小物や髪型もチェック

こんにちは! 全国にウエディングステージを展開する「スタイルズ」です。

 

結婚が決まったら、次はお互いの実家を訪問しての結婚挨拶ですね。

すでにお会いしたことがある場合も、結婚の挨拶ということで好印象を持たれる服装を知りたい方は多いのではないでしょうか。

 

今回は結婚挨拶でおすすめの服装、また避けたほうが良い服装を男女別にご紹介します。

気をつけたい小物や髪型の選び方、季節ごとの服装の注意点も解説しますので、結婚挨拶の服装で迷っている方はぜひ参考にしてください。

 

 

結婚挨拶での服装は重要!女性・男性でのポイントを解説

結婚挨拶でお相手のご両親と初めて会うという方も多いですよね。

緊張するシーンですが、服装をきちんとしておくと自信が持てますよ!

 

男女ともに、お相手の家族に敬意を持って、身だしなみを整えることが重要です。

普段は全くスーツを着なかったり、派手な原色を使ったコーディネートが好きだったりする人も、結婚挨拶の場は両親世代の価値観に合わせた服装で、第一印象を良くするように心がけましょう。

 

【女性編】結婚挨拶でのおすすめの服装・NG服装

ここでは、女性の結婚挨拶に適した服装と、マナー違反と思われてしまうかもしれないNGな服装をご紹介します。

 

好印象なおすすめの服装

女性の結婚挨拶での服装は、きちんと感のあるワンピースや、トップスとスカートの組み合わせがおすすめ。

色はパステルカラーやベージュなどの淡い色合いが、女性らしさを感じられるとして人気です。

スカートはひざ下丈やミモレ丈で、体のラインが強調されないフレアスカートが良いでしょう。

 

トップスとスカートの組み合わせは、トップスをブラウスやアンサンブルにするときちんと感が出ます。

花柄など上品な色柄のスカートを合わせても素敵です。

 

きっちりした印象にしたい方には、スーツという選択肢もありますが、ビジネス感が出すぎないようにするのがポイント。

淡いベージュやグレーなど、お顔を明るく見せてくれるカラーがおすすめです。

 

ブラックやネイビーしかないという場合は、女性らしいデザインのものを選んだり、インナーの色や素材にこだわったりして、仕事着との違いを出しましょう。

 

コサージュやブローチ、スカーフなどの小物を付けると、華やかな印象になりますよ。

 

靴はローヒールのパンプスがおすすめです。

フォーマルな服装に素足はNGなので、必ずストッキングを履きましょう。

伝線してしまったときのために、当日は予備を持ち歩いておくと安心です。

 

気をつけたいNGな服装

彼のご両親を困惑させてしまわないためにも、結婚挨拶にそぐわないNGな服装を把握しておきましょう。

下記のような服装は、良い印象を持ってもらいにくいため避けたほうが無難です。

  • ミニスカートやタイトスカート
  • オフショルダーや胸元の開いた服
  • 素足
  • ビジネススーツ
  • 黒一色のコーディネート

 

正座をすることも多い結婚挨拶では、ひざより上の丈のスカートは足が見えすぎてしまうためふさわしくありません。

同様にトップスも露出が多いものは避けましょう。

 

黒一色のコーディネートは喪服を連想させるため、こちらもやめておきましょう。

 

女性の結婚挨拶での服装は、柔らかな印象になるよう心がけましょう。

 

【男性編】結婚挨拶でのおすすめの服装・NG服装

両親世代は、結婚挨拶は結婚の許しを与える場だと思っている方も多いため、彼女のご両親のお眼鏡に適うように、好印象な服装を目指しましょう。

ここでは、男性の結婚挨拶にふさわしい服装と、NGな服装をご紹介します。

 

好印象なおすすめの服装

男性はスーツを着用してフォーマルな雰囲気を出すのが一般的です。

普段はスーツを着る機会がない人も、お相手への誠意を見せる意味でもスーツを準備することをおすすめします。

 

スーツは仕事で使うものでOKですが、色はブラックやネイビー、グレーなどの無難なものをセレクトしましょう。

結婚挨拶で着る前にはクリーニングに出しておくと良いですね。

 

シャツはベーシックな白や薄いブルー、ネクタイは無地、または派手すぎないストライプやドット柄で清潔感を印象づけましょう。

シャツのアイロンがけも忘れないようにしてくださいね。

 

靴はスーツに合う黒や茶色の革靴で、靴下も黒やスーツに合わせたネイビーやグレーでまとめましょう。

足元はよく見られる部分なので、靴が汚れたりすり減ったりしていないかチェック。

「靴下に穴が開いていた!」という事態にならないように、新品を用意すると良いですね。

 

「スーツ以外の服装で」と言われた場合や、あまり堅苦しいのを好まないご両親の場合は、ジャケットと襟付きのシャツ、スラックスやチノパンというスタイルがおすすめです。

シャツやスラックスはアイロンがけをお忘れなく!

靴もスニーカーは避け、革靴を履きましょう。

 

気をつけたいNGな服装

男性が結婚挨拶で避けるべきNGな服装は、下記のようなものです。

  • Tシャツとパンツなどのラフすぎる格好
  • ボタンダウンシャツ
  • 濃い色や柄が入った肌着
  • ダブルのスーツ
  • スリーピース
  • 黒のネクタイ

 

結婚挨拶では「男性はスーツで真剣さを見せるのが当たり前」と思う親世代は多いため、普通の休日のようなラフな格好は避けましょう。

 

ボタンダウンタイプのシャツは、カジュアルな印象を与えてしまいます。

シャツはレギュラーカラーやワイドカラーなどのベーシックなものを。

 

シャツの下に着る肌着は白で柄の無いものを。

普段からスーツやシャツを着慣れていない方は気をつけてくださいね。

 

ダブルのスーツやスリーピースは、役職に就いている人が着るようなイメージがあり、こちらも結婚挨拶にはふさわしくないと思われるおそれがあります。

黒のネクタイは弔事用なので、結婚挨拶にはふさわしくありません。

 

男性の服装はスーツにネクタイが鉄板。

冒険せずに、ベーシックなものを選ぶのがおすすめです!

スタイルズは全国に
ウエディングステージを展開しています

 

 

結婚挨拶では服装以外の小物や髪型、メイクもチェック!

服装以外のアイテムや髪型も気を抜けません。

ここでは男女別に、気をつけたい小物や髪型のポイントを解説します。

 

【女性編】結婚挨拶での小物・髪型のポイント

女性のバッグは、小さめなハンドバッグがおすすめです。

ブランドのロゴが大きく入ったデザインのものは、ご両親に良く思われないおそれがあるため、結婚挨拶のときはやめておいた方が無難でしょう。

 

アクセサリーは派手なものは避け、パールや小ぶりのネックレスなどでまとめると上品な印象になりますよ。

 

髪型は、髪の長さにかかわらず、顔周りをすっきりとさせて明るい印象にするのがポイント。

髪が長い方は、ハーフアップやシニヨンでまとめたり、ショートやボブの方は耳にかけたりして、きちんと感を演出します。

前髪が長い方は、目が見える状態になるようにヘアピンなどで調整を。

挨拶の場面ではお辞儀をするシーンも多いので、髪の毛の崩れが気にならないようにしておくと良いですね。

髪色は地毛や暗めのブラウンがおすすめです。

 

メイクは厚化粧にならないように、ナチュラルメイクを心がけましょう。

化粧崩れはみっともなく見えてしまうので、下地やファンデーションに気をつけたいですね。

チークをふんわり入れると血色が良くなり、明るい印象に。

 

ネイルは自爪や淡いピンク・ベージュのワンカラーネイルが好まれます。

派手なネイルアレンジや長すぎる爪は良い印象を与えないため気をつけましょう。

 

【男性編】結婚挨拶での小物・髪型のポイント

男性はバッグを持たなくてOKですが、必要ならクラッチバッグなど小さめのものを。

商談のイメージが強いビジネスバッグや、カジュアルすぎるリュックはNGです。

ハンカチはアイロンをかけておくのを忘れずに。

 

髪型はベーシックなショートカットで、前髪をまとめたスタイルが好印象を持たれやすいです。

髪色は地毛が良いでしょう。

ひげはできれば無い方が良いですが、ひげを生やしている方は、清潔感を出すために剃ったり、整えたりして無精ひげと思われないようにしましょう。

 

男性も爪は短く切っておくのがおすすめです。

 

また、男女ともに香水はきつすぎる香りを好まない方もいるので、つけないほうが無難です。

 

 

結婚挨拶での服装で季節ごとの注意点もチェック

夏は服装をどこまで崩して良いか判断がつかず困ってしまうこともありますよね。

男性はビジネスならクールビズでジャケットなしでもOKですが、結婚挨拶ではジャケットとネクタイを身につけましょう。

 

女性は半袖のワンピースやトップスだとカジュアルになりすぎてしまうおそれがあるため、薄めのカーディガンやジャケットを羽織るのがおすすめ。

靴はサンダルやミュールはNGです。

 

冬は、コートやマフラーなどの防寒着は、訪問先の外で脱いでおくのが正しいマナー。

男女ともにコートを脱ぎ、身だしなみを整えてから、玄関チャイムを押すようにするとスマートです。

女性はブーツのような脱ぎにくい靴は避けましょう。

 

 

結婚挨拶での服装は印象を左右する重要なポイント!

結婚挨拶では、男女ともに「きちんと感」が出る服装を目指しましょう。

 

女性はきちんとしたワンピースや、ブラウスとスカートの組み合わせや、明るい色のジャケットを羽織るスタイルがおすすめです。

男性はスーツが定番で、シャツやネクタイもシンプルなものを。

 

男女ともにカジュアルすぎるのはいけませんが、ビジネススタイルになりすぎないように小物やインナーで調整しましょう。

 

バッグなどの小物や女性のネイルは、華美すぎないものをセレクトしてくださいね。

髪型は、男女ともに顔周りを明るくすっきりとさせるのがポイントです。

 

ご両親に「大事な息子・娘の信頼できる結婚相手」として見てもらえるよう、ご両親に敬意を払ったコーディネートで結婚挨拶に臨みましょう!

スタイルズは全国に
ウエディングステージを展開しています