CLOVER

NEWS
ニュース

KNOWLEDGE

マイクロウエディングとは?話題の結婚式の形・メリットを詳しくご紹介

こんにちは!全国にウエディングステージを展開する「スタイルズ」です。

 

「マイクロウエディング」とは、少人数で行う結婚式のこと。

近年では海外でも流行し、日本でも人気急上昇中です。

 

「挙式はしたいけど、多くの人を呼ぶのは大変そう…」と結婚式のスタイルを迷われている方も多いのではないでしょうか。

 

今回は新しい結婚式のスタイル「マイクロウエディング」のメリットやおすすめの演出などを詳しくご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね!

 

 

マイクロウエディングとは?

家族や親しい友人など、少人数で行う結婚式のことを「マイクロウエディング」と呼びます。

 

こじんまりと簡易化するという意味よりも、新郎新婦がこれまでお世話になった親しい人達と過ごす時間にこだわり、大切にしたいという気持ちから生まれたスタイルです。

ヨーロッパではマイクロウエディングの形をとるケースが多くありましたが、2018年頃からアメリカでも注目を集め、日本でもその名を聞くことが多くなりました。

ゲストが30名以下の規模で行うことが多く、結婚式は挙げないつもりだったけど、少人数で身内だけなら…と予定がなかった方も候補として検討する方が増えています。

 

繋がりの深いゲストと作る結婚式は、アットホームで温かい雰囲気になりそうですよね。

感染症対策の観点からも、より注目度が高まっています。

 

 

マイクロウエディングの魅力やメリットとは

最近では共働きのカップルが増え、挙式の準備が難しいケースも多いです。

しかし、準備が少なく細かいニーズに柔軟に対応できるマイクロウエディングなら、希望通りのウエディングを叶えることができるかもしれません。

 

マイクロウエディングの魅力やメリットを、いくつかご紹介していきます。

 

自由度の高いこだわりの結婚式を挙げられる

少人数だからこそ、会場や料理も上質なものにこだわり、自分たちらしい演出が叶えられるのがマイクロウエディングの魅力のひとつ。

 

従来、結婚式の開催場所は広い会場を手配する必要がありましたが、マイクロウエディングではゲストが少ない分、さまざまな会場の選択肢が生まれます。

イベント会場や2人の思い出のレストランなど、場所選びの幅も広がりますね。

 

挙式の準備が楽になり、ゲストもじっくりおもてなしできる

通常の披露宴では両親がゲストへ挨拶周りをしたり、新郎新婦が各テーブルで写真撮影に応じたり、演出が多くなると一人ひとりと接する時間はどうしても少なくなりがち。

マイクロウエディングは少人数制のため、新郎新婦はそれぞれのゲストと会話をじっくり楽しみながら時間を過ごすことができ、感謝の気持ちもしっかり伝えることができます。

 

人数が少ない分、前もって日程や時間を合わせやすく、準備にかかる時間も最小限に抑えて気軽に結婚式を行うことが出来ますね。

 

ゲストへ気を使い過ぎず、自分自身もゆっくり楽しむことができるのはマイクロウエディングの大きなメリットです。

 

予算を抑えられる

少人数だと、挙式にかかる費用は従来の大規模な結婚式に比べて大幅に抑えられます。

会場の費用を抑えた分、料理や引き出物をグレードアップするのも良いですね。

 

招待状や席次表、席札などのペーパーアイテムも少なく、会場装花・ウエディングケーキなども大規模な結婚式より規模が小さくて良いため、より質にこだわることができます。

 

感染対策をとりやすい

新型コロナウイルス感染症の拡大以降、挙式が中止や延期になったり、お酒の提供が控えられることも多くありました。

 

マイクロウエディングでは身内や親しい友人と行う挙式のため、感染リスクが少なく、席同士の距離を十分とるなどの対策もしやすいです。

新郎新婦だけでなく、ゲストも安心して参加することができるでしょう。

スタイルズは全国に
ウエディングステージを展開しています

 

 

マイクロウエディングを行うならこんなポイントを意識!

自由度の高いマイクロウエディング。

決まった形式がないからこそ、成功させるための重要なポイントをご紹介します。

おすすめの演出についても、あわせてお伝えしていきますね!

 

ポイント①理想の結婚式のスタイル・テーマを考えておく

まずは結婚式の形式を決めましょう。

挙式だけにするのか、披露宴まで行うのかで予算や会場も異なります。

 

また、少人数の場合はご祝儀ではなく一律の会費制にするケースもあるため、どのようなスタイルにするか話し合っておきましょう。

 

どのような雰囲気で結婚式を進めたいのか、テーマを決めておくのも大事です。

「食事メインに楽しんでもらいたい」「会場での演出を楽しんでもらいたい」「久しぶりの再会なので会話を楽しみたい」など自分たちの希望を出した後、会場や演出を決めていくとスムーズです。

 

例えば「形式にとらわれずアットホームに楽しみたい」のであれば、思い出のレストランを選び、スピーチや余興は行わず食事メインでムービーだけを流すなど、方向性が決めやすくなります。

自分たちが結婚式においてどんな時間をゲストと共有したいか想像し、プランを考えましょう。

 

ポイント②両親への相談や出席者の確認は早めに

少人数制の結婚式となると、新郎新婦双方の呼べるゲストの数は限られます。

また、両親の方で呼びたい方がいたり、できれば大勢を呼んで行ってほしいなど、希望がある場合もあるかもしれません。

 

できるだけ早めに少人数で行うことを伝えておき、新郎側・新婦側でゲストの数が同じくらいになるよう、調節を行いましょう。

 

ポイント③衣装や写真にこだわる

少人数制では予算が抑えられ、形式にこだわらない結婚式にしやすいです。

 

憧れのブランドやフルオーダーのドレスにしたり、思い切ってウエディングドレスだけではなく、彼とお揃いのデニムジャケットにドレスなど、カジュアルな衣装にするのも良いかもしれませんね。

 

マイクロウエディングにおすすめの演出

少人数制のマイクロウエディングでは、一人ひとりのゲストに対してゆったりと丁寧なおもてなしをすることができます。

マイクロウエディングならではのおすすめの演出をご紹介しましょう。

 

おすすめ演出①オリジナルメッセージカードやフォトアルバム

ゲスト一人ひとりに宛てたメッセージカードや、新郎新婦の成長の写真を集めたオリジナルアルバムなどは、少人数制だからこそこだわって作成できます。

 

大規模な式では人数分の品を用意するのは大変ですが、親しいゲストのみで行うからこそ、手書きや手作りで想いのこもったサプライズ演出となるでしょう。

 

おすすめ演出②ゲスト参加型の演出

少人数のマイクロウエディングでは、参加型の演出もアットホームかつ自由に行いやすいです。

ぜひ下記を参考に、ゲストが喜んでくれそうな参加型演出を考えてみてくださいね。

 

お菓子トス

本来ブーケトスは主に若い女性が参加できるイメージですが、ブーケをお菓子に変えた「お菓子トス」もおすすめ。

世代を問わず誰もが参加しやすい、少人数にぴったりの演出です。

 

ハートドロップス

ゲストにハート型の木のチップへメッセージを書いてもらい、透明なフレームにみんなからのメッセージを集め完成させるアイテムです。

フレームは額縁のタイプやボトル型、お花やリングをモチーフとしたものまで、さまざまなバリエーションで販売されています。

 

ゲストからのメッセージが詰まったハートドロップスは、きっと結婚式後も新郎新婦の思い出に残る宝物になること間違いなしです。

 

おすすめ演出③新郎新婦とゲストが同じテーブルに座る

一般的な結婚式では、参加人数が多いことから、新郎新婦は会場全体を見渡せる席へ座ります。

しかし、少人数で行うマイクロウエディングは会場も小さく、新郎新婦はゲストとの距離も近いため、同じテーブルについて式を進行することも可能です。

 

より気軽でアットホームに、ゲストと会話や写真撮影を楽しむことができるでしょう。

 

 

思い出に残るマイクロウエディングを!

家族や親しい友人など、少人数で行う結婚式のことを「マイクロウエディング」と呼びます。

 

ゲストは30名以下で開催することが多いマイクロウエディングは、挙式の準備も楽になり、細かいニーズにも柔軟に対応できるでしょう。

従来の大規模な結婚式よりも自由度の高い、こだわりの結婚式を挙げられるのが大きなメリットです。

 

少人数制のため、席同士の十分な距離を置くことができ、感染対策をとりやすいのも今の時代にぴったりなスタイルといえるでしょう。

 

マイクロウエディングを挙げるポイントとしては、「理想の結婚式のスタイルやテーマを明確にする」「両親への相談や出席者の確認は早めに行う」「予算を抑えた分、衣装や写真にこだわる」など。

ゲスト参加型のアットホームな演出を加えるのもおすすめです。

 

こだわりのおもてなしと演出、一人ひとりとゆっくり楽しめる贅沢な時間…マイクロウエディングをぜひ検討してみてくださいね!

スタイルズは全国に
ウエディングステージを展開しています