CLOVER

NEWS
ニュース

KNOWLEDGE

新郎のタキシードに合わせる小物にもこだわろう!選び方をご紹介

こんにちは! 全国にウエディングステージを展開する「スタイルズ」です。

 

花嫁のドレスと比べると、デザインの幅が少なく思えてしまうタキシードですが、身に着ける小物選びを意識するだけでお洒落に着こなせるんです!

新婦とコーディネートを合わせたり、こだわりの小物を身に付けることで、印象に残る結婚式にしましょう。

 

今回は新郎のタキシードに合わせる小物にはどんなものがあるのか、その選び方や用意する方法もあわせてご紹介します。

 

 

新郎のタキシードに合わせる小物は?選ぶポイントもご紹介!

新郎のタキシードに合わせる小物の基本には、シャツ、ネクタイ、ポケットチーフ、グローブの4つがあります。

さらにお洒落に見せたい場合は、サスペンダーやカフリンクスを加えるのもおすすめです。

 

それぞれの特徴や、選び方のポイントについてご紹介します。

 

シャツ

タキシードには「ウイングカラーシャツ」というフォーマル用のシャツを着用します。

ウイングカラーシャツとは、首の周りを包むような立ち襟になっていて、衿先が鳥の翼のように小さく折り返された形状のシャツのことです。

 

一般的に白色が基本で、胸元にプリーツが入っていないシャツは昼用の礼装、プリーツありが夜用の礼装といわれています。

 

袖口は、袖が折り返されていてカフスボタンをつけられるようになっている「ダブルカフス」がフォーマルとされており、フレンチカフスとも呼ばれています。

 

最近では、新郎の好みでプリーツのあるシャツを選ばれたり、花嫁のウエディングドレスのカラーに合わせてカラーシャツにするなど、こだわりのコーディネートをされる方も。

お色直しでカラーものやストライプなどの柄入りにするのも素敵ですね。

また、サイズ感は首のボタンを締めて指が1〜2本程度入る程度がベストです。

 

ネクタイ

タキシードに合わせるネクタイは、主にレギュラータイや蝶ネクタイが主流です。

無難に合わせるならレギュラータイ、個性を出したいなら蝶ネクタイがおすすめといえます。

 

スーツから衣装替えでタキシードにする際に、レギュラータイから蝶ネクタイへ変えることが多い印象です。

 

そのほか、十字型をしている「クロスタイ」、ふっくらボリュームのあるノットで格式の高いネクタイといわれる「バロックタイ」、横幅の広い蝉型の「アスコットタイ」などがあります。

バロックタイはベストも一緒に着るのが基本で、アスコットタイは本来モーニングに着用するものですが、日本の結婚式ではタキシードに合わせる方もいます。

 

カラーは、ブラック、ネイビー、ホワイト、グレーなどのシックな色が人気で、華やかさを出したいならシルバーもおすすめです。

衣装の種類や会場の雰囲気によって使い分けたり、花嫁のドレスに合わせて選ぶと良いでしょう。

 

ポケットチーフ

ジャケットの胸ポケットに挿す布のことをいいます。

ポケットチーフを飾ることで、より整った印象を与えつつも、タキシードを華やかでお洒落にしてくれますよ。

 

一般的に白色やシルバーを選ばれることが多く、素材はシルクとリネンが多いです。

カラーや柄物で蝶ネクタイやベストと合わせたり、新婦の衣装の色とコーディネートするのもおすすめです!

 

折り方もさまざまで、チーフの四隅をポケットから無造作に見せる「クラッシュ」、ふんわりと丸いフォルムにする「パフド」、四角い形のオーソドックスな「スクエア」、3つの角が見える1番フォーマルな「スリーピークス」などがあります。

 

個性を出せる部分なので、お色直しでチェンジするなど楽しんでみるのも良いですね!

 

グローブ

挙式でバージンロードを歩く時に、新郎が右手に持つ小物です。

着用はせず、手に持つことで厳かでフォーマルな場面を演出するためのひとつのアイテムといえるでしょう。

 

色は白いグローブと決められており、挙式では必須の小物となっています。

 

サスペンダー

タキシードにはサスペンダーを着用することで、よりフォーマルな着こなしになります。

サスペンダーを使用すると、スボンのシワができにくく、足のラインをスッキリと見せる効果が期待できます。

 

フォーマルな黒のタキシードでは基本的に黒のサスペンダーを選ぶことが多いですが、カラーやストライプなどの柄で遊ぶのもおしゃれです。

 

カジュアルな雰囲気でウエディングフォトを楽しみたい方は、タキシードを脱いでサスペンダー姿を撮影するのもおすすめですよ。

 

カフリンクス

カフス、カフスボタンと呼ばれる、シャツの袖の穴に通して袖を留める小物のことです。

タキシードのシャツはダブルカフスになっているので、カフスリンクで個性を出すことができます。

 

昼間の結婚式では白蝶貝などでできた白いカフリンクスを、夜の結婚式では黒オキニスなどの黒のカフスリンクスを使うのが一般的な礼装です。

 

しかし、最近ではイニシャルやメッセージ入りのもの、モチーフになっているものなど、アクセサリーとして着用を楽しむ方も増えています。

 

新郎をサポートするアッシャーとお揃いにするといったアイデアもありますよ!

スタイルズは全国に
ウエディングステージを展開しています

 

 

新郎のタキシードに合わせる小物を用意するには?

タキシードに合わせる小物を用意するには、タキシードとセットでレンタルする、もしくは自分で個別に購入する方法があります。

 

タキシードとセットでレンタルする

大抵の結婚式場では、タキシードと一緒に小物もレンタルすることができます。

 

基本的な小物はあらかじめセットになっていることもあり、自分で用意する手間もかけなくて済みますよ。

 

自分で個別に購入する

なかには小物にこだわりをを持ちたいという方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな方は購入することで個性を出したり、自分好みのものを持つことができます。

ネットや紳士服売り場でも購入できますよ。

 

新郎の体型に合わせたタキシードを選ぶポイント、カラーバリエーションについて、こちらで詳しくご紹介しています。

ぜひ参考にしてくださいね!

結婚式のタキシード、選び方のポイントは?体型別におすすめも紹介 

結婚式のタキシードは何色を選ぶ?おすすめや選ぶポイントもご紹介

 

 

小物でタキシードがよりお洒落に!着こなしを楽しんで

タキシードを着用する際にお洒落に見せる小物として、シャツ、ネクタイ、ポケットチーフ、グローブ、サスペンダー、カフリンクスなどがあります。

 

小物だから目立たない、なくてもいいのではと思う方もいるかもしれません。

しかし、小物を少しこだわるだけで一段と結婚式が華やかになるんです。

 

それぞれの会場の雰囲気や新婦の衣装とも合わせると、さらにゲストの注目を集めることができますよ。

ぜひ小物選びにも意識して選んでみてくださいね!

スタイルズは全国に
ウエディングステージを展開しています