CLOVER

NEWS
ニュース

KNOWLEDGE

結婚式のタキシードは何色を選ぶ?おすすめや選ぶポイントもご紹介

こんにちは! 全国にウエディングステージを展開する「スタイルズ」です。

 

結婚式の衣装選びで悩むのは花嫁だけではありません。

新郎のタキシードもカラーバリエーションが豊富ですので、ぜひ似合う一着を身につけたいものです。

 

今回は結婚式で新郎が着るタキシードの「色」についてお話します。

結婚式のタキシードにはどんな色があって、それぞれどんなイメージなのか。

コーディネートのポイントとなる小物合わせや、似合うタキシードを選ぶポイントなどについてもご紹介します。

 

 

結婚式のタキシードには何色がある?

タキシードといえばブラックのイメージが強いかもしれませんが、結婚式で新郎が着るタキシードはブラックだけではありません!

多くのカラーバリエーションがあり、それぞれ異なる印象を演出するので、ぜひ見比べてみてくださいね。

 

結婚式のタキシードのカラーとそれぞれが与える印象、おすすめのポイントなどを紹介します。

 

ホワイト系

王道のホワイト系タキシードは、まるで王子様のようなさわやかさ。

純白のウエディングドレスをまとった花嫁と並ぶ姿は、華やかのひと言。

ジャケットの中に着用するベストやネクタイまですべて白でまとめた「オールホワイトコーデ」は、晴れの日である結婚式にふさわしい特別感を感じられます。

 

清楚なチャペルにも似合うほか、白いタキシードは青い空や青い海にも映えますので、ビーチでのリゾートウエディングにもピッタリです。

 

「オールホワイトコーデはハードルが高い」「膨張色で太って見えないか心配」という方は、ベストやネクタイ、ポケットチーフに色を取り入れるのもひとつの方法。

ベージュやグレーなど落ち着いた色合いのものを選べば、ホワイトの中でも浮きすぎず、フォーマル感を損ないません。

 

ブラック系

定番のブラックタキシードは、一番フォーマル感の強いスタイル。

年齢や体型を問わず、誰にでも良く似合うカラーでもあります。

 

「結婚式だからこそカッチリ決めたい」と思うなら、ブラックを選べば間違いなし!

上司や高齢の親族が多く参列する結婚式でも安心感がありますね。

格調高いホテルや荘厳なチャペルなど、クラシカルな雰囲気の会場にもピッタリです。

 

クラシカルな定番カラーだからこそ、ネクタイを蝶ネクタイにしたり、ベストやチーフにカラフルなカラーを持ってきたりと、小物で遊び心をプラスするのも素敵です。

 

ネイビー、ブルー系

ネイビーやブルー系のタキシードは、フォーマル感を残しつつもブラックよりもおしゃれな印象に。

濃い色で引き締まって見え、こちらもどなたでも着こなしやすいカラーです。

 

光沢感のあるネイビーなら華やかさもあり、スタイリッシュな装いに。

光沢がなくマットな素材感ならナチュラルさが、鮮やかなブルーなら個性的なおしゃれさがアップ!

友人を招いたカジュアルなレストランウエディングやガーデンウエディングなどにも似合います。

 

シルバー、グレー系

光沢のあるシルバー系のタキシードは、花嫁にも見劣りしない華やかさが魅力。

キラキラと幸せオーラが輝き、どこにいても存在感バツグンです。

おしゃれでスタイリッシュなスタイルを演出できます。

 

照明映えがするので、記念の写真も素敵なものになること間違いなしです。

豪華なホテルウエディングやおしゃれなレストランウエディングなどでぜひ着用してほしい一着です。

 

光沢のないライトグレーになると、ナチュラルで優しい雰囲気に。

親しい友人や家族と一緒に過ごす、アットホームなウエディングシーンに似合います。

 

ゴールド、ベージュ系

光沢のあるゴールド系タキシードは、華やかで特別感のある装いに。

ウエディングドレス姿の花嫁と並べば、ゴージャスで幸せなツーショットが完成!

普段はあまり選ばないカラーだからこそ、結婚式という特別な日にぜひ選んでみては。

 

光沢のないマットなベージュ系カラーになると、一転してナチュラルな印象に。

ホワイトタキシードに近いさわやかさがありつつ、オールホワイトよりも気負わずに着こなすことができるでしょう。

 

ブラウン、ワインレッド系

濃い暖色のブラウン、ワインレッド系は、人とはちょっと違ったスタイルに仕上げたい方におすすめ。

シックで大人っぽい装いに仕上がります。

 

光沢の有無で華やかさが変わるので、華やかな印象にしたいなら光沢ありのもの、優しく落ち着いた印象にしたいなら光沢がないものを選んでみましょう。

 

こっくりとした暖色なので、秋冬の結婚式で着用するのもおすすめです。

スタイルズは全国に
ウエディングステージを展開しています

 

 

タキシードにあわせるアイテムにもこだわって!

タキシードのコーディネートでは、ベストやネクタイ、ポケットチーフなどの小物に色を取り入れるのがおすすめ。

同色系で色馴染み良くまとめるのもの良いですが、パキっと目立つカラーや、チェックやストライプなどの柄物を持ってくるのもおしゃれに仕上がりますよ。

 

ベストではなくカマーバンド(お腹に巻く飾り帯)にする、棒タイではなく蝶ネクタイにする、バイカラーや丸みを帯びたショールカラーの襟デザインなど、定番からちょっと外したアイテムやデザインを選ぶのも、印象に残るタキシード姿になるでしょう。

リゾートウエディングやカジュアルウエディングのシーンや、人とはちょっと違う自分らしい装いを目指す方におすすめです。

 

さりげなく花嫁のドレスやブーケと色を揃えるリンクコーデなども素敵です。

お色直し後のカラードレスとのコーディネートも、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

 

結婚式のタキシードを選ぶポイント

 

結婚式で新郎のタキシードを選ぶポイントは3つ。

  • 自分に似合うタキシードを選ぶ
  • 結婚式の雰囲気に合うタキシードを選ぶ
  • 新婦とのコーディネートを考えて選ぶ

 

自分の好みも考えたうえで、この3つのポイントをおさえて選んでみましょう。

 

格調高いホテルやチャペルでの結婚式なら王道のホワイトやブラック、フォーマル感のあるネイビーなどを。

アットホーム、カジュアルな結婚式ならグレーやベージュなどのナチュラルカラーも素敵です。

リゾートウエディングの青空の下では、ホワイトやブルーのタキシードもとっても映えますよ。

 

小物や色・柄使いで印象を変えることもできますので、ぜひ花嫁と一緒に楽しく選んでくださいね♪

 

体型の特徴によっても似合うデザイン、シルエット、カラーなどがありますよ。

タキシードの選び方については「結婚式のタキシード、選び方のポイントは?体型別におすすめも紹介」でも詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

 

 

結婚式のタキシードは何色が良い? 似合う色を見つけよう

結婚式のタキシードの色にはたくさんの選択肢があります!

王子様スタイルのホワイト、クラシカルの王道ブラック、おしゃれなネイビー、スタイリッシュなシルバー、華やかなゴールドなど、ウエディングドレスにも劣らないラインナップがありますよ。

 

ベストやネクタイ、ポケットチーフの色・柄を変えたり、蝶ネクタイやカマーバンドを取り入れたりすることで印象も大きく変わります。

 

「タキシードは何色にする?」「 ネクタイの色と新婦のブーケの色を合わせよう」なんて、新婦と一緒にコーディネートを考えるのも楽しいものです。

あなたにピッタリ似合う1着をぜひ見つけてくださいね!

スタイルズは全国に
ウエディングステージを展開しています