CLOVER

NEWS
ニュース

KNOWLEDGE

新郎の白タキシードが似合わない原因は?選ぶ方法や着こなし方をご紹介

こんにちは! 全国にウエディングステージを展開する「スタイルズ」です。

 

綺麗な結婚式場に純白のウエディングドレス。

その隣には白タキシードをピシッと着こなした新郎。

結婚式といえば、そんな風景を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

 

しかし実際には白のタキシードが似合わず、準備段階で悩んでいるという新郎さまも少なくありません。

近年タキシードも種類が豊富になっており、白でなければいけないという決まりはないですが、ウエディングドレスに合わせて白タキシードを着たいという方も多いですよね。

 

そこで今回は、新郎の白タキシードが似合わない原因を解説するとともに、似合う白タキシードを選ぶ方法をご紹介します。

 

 

新郎の白タキシードが似合わない原因を探ろう!

まずは、白タキシードが似合わない原因を解説します。

 

「白」にもいろいろな色味がある

新郎に白タキシードが似合わない原因の1つとして、試着したタキシードの色味がその方に似合っていなかった、ということが挙げられます。

 

白といえば純白な白をイメージする方も少なくありません。

そのため、とりあえず真っ白のタキシードを着てみるか…と選んだ色味が似合わず、「白は似合わない」と諦めてしまう方も。

 

ウエディングドレスの白には多くの種類があるように、タキシードにもさまざまな「白」があります。

タキシードでも純白だけでなくオフホワイトやベージュよりの白などさまざまなトーンがあるため、数種類試着してみると意外と似合う色味が見つかるかもしれません。

 

ちなみに、パーソナルカラーがブルーベースの方は純白が似合いやすく、イエローベースの方はオフホワイトやナチュラルなど、少しベージュや黄色みの入った白が似合いやすいとされています。

 

パーソナルカラーとは生まれ持った色(髪・瞳・肌)と調和する色のことで、血管の色が青・赤紫、肌の色がピンクに近い色白だとブルーベース、血管の色がエメラルドグリーンのような緑青で、肌の色が黄色みがかった色だとイエローベースといった基準があります。

 

インターネットや個人で診断している方もいるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

コーディネートが合っていない

白が似合わないもう1つの原因としては、コーディネートが似合っていないということも考えられます。

 

選ぶ際にはどうしてもジャケットやパンツがメインになってしまいますが、シャツやベスト、蝶ネクタイ、靴などコーディネートの材料はさまざまあります。

 

実は白が似合うのに、コーディネートのせいで似合わないと勘違いしてしまう方も少なくありません。

同じタキシードの試着でもさまざまな小物を合わせてみることで、自分に似合うコーディネートを発見することができますよ。

スタイルズは全国に
ウエディングステージを展開しています

 

 

新郎に似合う白タキシードを選ぶコツは?

では新郎に似合う白タキシードは、具体的にどのように選んでいけばいいのでしょうか?

選ぶときのコツについて、ご紹介していきます。

 

どんどん試着して自分に似合う「白」を探す

上でも述べたように、同じ「白」でもさまざまな色味のタキシードが用意されています。

1着着て「白は似合わない」と決めつけてしまわずに、さまざまな色味の白タキシードを試着してみましょう。

 

パーソナルカラーもぜひ参考にし、写真を撮って見比べてみるのも良いですね。

写真で見ると顔色がよく見えるかなどが、わかりやすいです。

 

与えたい印象から選ぶ

結婚式場で自分が与えたい印象から選ぶというのも1つの方法です。

 

例えばキリッとしたイメージをゲストに持ってほしい場合は、はっきりとした純白寄りの白のタキシードがおすすめです。

 

反対に穏やかで優しいイメージを思い描いている場合は、ベージュがかった白タキシードが良いでしょう。

 

会場や新婦のドレスに合わせる

会場や新婦のドレスの雰囲気に合わせたコーディネートにするのもおすすめです。

結婚式当日は新婦とともにたくさん写真や動画を撮ることになるため、2人の雰囲気が合っていると統一感が出て映えますし、より仲の良い雰囲気も伝わります。

 

たとえば、新婦のウエディングドレスがオフホワイトなら同じオフホワイトで選んだり、会場の装飾テーマがクリスマスなら雪のイメージで純白を選んでみるなど。

 

会場や新婦のドレスと合わせる方法については「結婚式のタキシード、選び方のポイントは?体型別におすすめも紹介のコラムでもお伝えしています。

 

「白」以外のアイテムを入れる

白だけだと違和感がある場合は、新婦が持つブーケの色味を蝶ネクタイやポケットチーフなど小物に取り入れるのもおすすめです。

 

小物で色を入れると印象がガラッと変わるので、真っ白では似合わなくても、意外といける!となる方もいらっしゃいます。

試着で似合わないかも…と思ったときは、カラーものの小物を合わせてみると良いかもしれません。

 

シャツ・ベスト・パンツの色を変えるのも、一気に雰囲気が変わります。

上下白でもベストを濃い色にすると引き締まって見えたりと、苦手意識がなくなる方が多いですよ。

 

次でコーディネート例もご紹介しますので、ぜへ参考にしてみてくださいね。

 

白タキシードを選ぶコツをご紹介しましたが、最近ではドレスと同じくさまざまな色味のタキシードが用意されています。

ネイビーやグレー、グリーンなど派手に見えても着てみたら意外と似合うこともあるので、定番以外の色味のタキシードも一度試着してみるのもおすすめです。

 

それぞれの色味が与える印象などについては「結婚式のタキシードは何色を選ぶ?おすすめや選ぶポイントもご紹介」でも解説していますのでぜひご覧ください。

 

 

新郎におすすめな白タキシードの着こなし方もチェック!

やっぱり白タキシードを着たいけど、自分らしく着こなせるか不安という方も多いと思います。

白タキシードの着こなし方もご紹介しますので、自分に似合う着こなしを見つけてみてくださいね。

 

定番のオールホワイト

まずは定番のオールホワイトコーディネートです。

シャツやベスト、ネクタイまですべてホワイト系で揃えることで、爽やかな印象を与えることができます。

 

純白のドレスを着た新婦と並べば、それはもう物語の主人公そのもの。

結婚式でしかほとんど着ることがないため、思い切って挑戦してみてもいいかもしれません。

 

白ジャケット×黒パンツ

「上から下まで全て白色は自信がない」「太って見えないか心配」という方はジャケットのみを白色にして、黒パンツを合わせてみるのもおすすめ。

白色の華やかさは残しつつ、身体が引き締まった印象になります。

 

襟や袖、ボタンなどに黒が使われている白ジャケットと合わせることで、おしゃれさを演出することができますよ。

 

中のシャツをカラーや柄物に変える

定番の白タキシードでも、中に合わせるシャツをブルーなどのカラーものやストライプ柄のものに変えるだけで印象はガラリと変わります。

 

お色直しや二次会など、カジュアルダウンする時に自分らしさを演出するのにピッタリです。

 

 

新郎に似合う白タキシードを選んで素敵な結婚式にしよう

一生に一度の結婚式、自分に似合う素敵なタキシード姿で迎えたいですよね。

 

試着の段階で「白タキシードは似合わない」と諦めてしまうのはもったいないです。

さまざまな色味の白タキシードを試着したり、小物を工夫することできっとピッタリ似合うタキシードが見つかりますよ。

 

会場や新婦のドレスと雰囲気を合わせるのも良いでしょう。

 

また「白タキシード」といっても、シャツやパンツの色を変えるなど、自分らしい着こなしを演出することができます。

 

理想のコーディネートを見つけて、想い出に残る最高の結婚式にしましょう!

スタイルズは全国に
ウエディングステージを展開しています